あなたが欲しいものはこれですか?

パイレーツオブカリビアン ソード型レターオープナー

パイレーツオブカリビアン ソード型レターオープナー with バルボッサの猿のジャック(台座) 





ノーブルコレクションからパイレーツオブカリビアンで『ジャックスパロウ』が使用する剣がレターオープナーになって登場。
さらにうれしいことに、レターオープナーを立てる台座がバルボッサの飼っていた小猿(猿のジャック)。

<商品サイズ>ペーパーナイフ長さ約20cm
<重量>約700g
<材質>ペーパーナイフ:ステンレス製、台座:レジン製

※輸入商品の為、発売日が大幅に遅れることがあります。
※実際の商品と画像は若干異なる場合がございます。

詳細方法・購入ご希望は、画像をクリックしてください。
| 日記

レルフェ クラシック レターオープナー レザーケースセット

レルフェ クラシック レターオープナー レザーケースセット





ペッド・ダン・バウス社(ドイツ)は18世紀ヨハン・バウスによって現在のゾーリンゲン地方に創業しました。同社の“レルフェ(ドイツ語でひばりの意味)”というブランド名は、1820年に現在の社名の由来でもある当時のピーター・ダニエル・バウス社長が「ひばりのように空高く飛び、楽しく愉快な歌を歌い、そして新しい時代の夜明けを迎える」という社訓を定め、高く飛び上がることは、質の高さを示すこととして名付けました。ドイツマイスターが、70に及ぶ工程を経て生み出すレルフェのハサミとレターオープナーの美しいフォルムと輝きは、高い機能性とクオリティの証拠です。
| 日記

ラベルライター/レターオープナー

ラベルライター/レターオープナー【ラベルライター】キングジム ラベルライター テプラプロ




■商品説明:本体のみでQRコードの作成が可能です。パソコン接続により多彩な操作を可能にしたオフィスのスタンダードモデル。日本語入力「ATOK」を搭載し、さらに便利になりました。JISキー配列。テプラ・ネームランドの使用済みテープカートリッジは、メーカーが回収し再資源化または再利用をする環境保全活動を実施しています。
■メーカー品番:SR530
■素材:ABS
■機能:日本語入力システム「ATOK」搭載・QRコード作成・JIS第1水準、第2水準文字搭載
■電源:AC100V(アダプター添)
■商品サイズ:218×196×63mm
■箱サイズ:305×249×100mm
■包装形態:化粧箱
| 日記

レターオープナー付き電波時計

レターオープナー付き電波時計



時間を合わす必要のない電波時計にスピーディーに切れるオープナーが付いたデスクの必需品。 時計、カレンダー、アラーム ・電波時計・40/60KHz・自動選局・100個より名入れ(シルク)
 

| 日記

レーターオープナー イタリア FOX社ALLUMINIO

イタリア FOX社 #499OCT ALLUMINIO フォールディングナイフ 



イタリアのFOX社のアルミをハンドルに使った軽量モデル。
ブレード鋼材は440、全長:189mm、刃長:73mmと一般的な
使いやすいサイズで重量は95g!
シンプルなイタリアのデザインのナイフで、アウトドアー全般や
テーブルの上や引き出しに置いてレターオープナー
小包の開封など、あらゆるシーンに向いています。
| 日記

レターオープナー 高級品 [モザイク] 


高級レターオープナーのご紹介。



イタリア製のレターオープナーで、ブレードは美しく仕上げることが
難しいクリスブレードのミラー仕上げ。
ハンドルに、水牛の角に貝のアバロン、白蝶貝を張り合わせたもの。
革シース付。
| 日記

レターオープナー 高級品 [鹿足] 

高級レターオープナーのご紹介。

イタリア製レターオープナー[鹿足] 

写真をよくご覧ください。

ハンドルには鹿の足を使っております。


(画像をクリックすると拡大します)



イタリア製のレターオープナーで、ブレードは美しく仕上げることが
難しいクリスブレードのミラー仕上げ。 革シース付。

| 日記

レターオープナー イタリア製 [鹿の角] 

高級レターオープナーのご紹介。

イタリア製レターオープナー[スタッグ] 



全長:約275m 刃長:約145mm

イタリア製のレターオープナーで、ブレードは美しく仕上げることが
難しいクリスブレードのミラー仕上げ。
ハンドルには鹿の角を使ったものです。革シース付。
| 日記

レターオープナー ライヨール

高級レターオープナーのご紹介。

ライヨール レターオープナーRosewood/Bois de roseT1C99RO



ローズウッドの持つ素朴感がお楽しみいただける仕上がりとなっています。

ラギオール・ライオール等、色々な読み方の解釈がありますが『Laguiole(ライヨール)』に統一させて頂きます。


【ライヨールナイフ(Laguiole)のはじまり】
フランスのオーベルニュ地方ライヨール村(Laguiole)で1400年頃、刃物作りが始まりました。初めて作られたナイフは非常に簡素なものでしたが、ライヨール村の牧童たちにとっては第三の手のようなものでした。しかし、1600年頃には刃物産業が衰退し、1800年代になり一人の職人がバネ式の折り畳みナイフを発明したのが復興につながる兆しでしたが、その世紀の終わりごろには村の過疎化が進んでいました。オーベルニュの若者には、パリやアメリカで成功を夢見て故郷を離れる者もいました。その若者達の成功を願い、村の鍛冶屋に故郷の天然素材で作らせたカスタムナイフを親から子供、友人から友人に「お守り」や「形見」として贈られたのがライヨールナイフなのです。


【ナイフに印された十字架】
ライヨールナイフの一部には十字架が印されています。ライヨール村で最初に作られた頃は、オーブラックの牧童達が夕暮れ仕事の終わりに大地にナイフを突き刺し十字架にみたて神に祈りを捧げていました。フランスの田舎では、若者が故郷を旅立つとき故郷の土をハンカチに少しだけ包み持っていくという風習があります。しかし、オーベルニュ地方の若者はパリやアメリカで仕事をさがし成功するために旅立つとき「お守り」として、親から子供へ、友人から友人へ1本のライヨールナイフが手渡されます。美しいライヨールナイフを手にオーベルニュの若者は成功を夢見て旅立ち、苦しいときも、楽しいときも故郷を思い出し神に祈りを捧げたといわれます。

【ソムリエナイフ誕生】
オーベルニュ地方やライヨール村からパリへ出稼ぎに来た人々にはカフェの経営で成功した人が多く、彼らが自分の店でワインの栓を抜いたり、パンやチーズ、ハムなどを切ったりする時に使用していたのが、自分の村から大切に持ってきたライヨールナイフでした。その時に使用していたのは、ライヨールナイフの背にコークスクリューがついたタイプのナイフがほとんどでした。1978年になって、フランス随一である名ソムリエのギーヴィアリス氏が、カフェの主人たちが持っている美しいライヨールナイフを見て本格的なソムリエナイフを作りたいと熱望しました。ワイン専用ナイフの製品化を進めるため、故郷のライヨール村に作らせようとしましたが、既にライヨール村の刃物産業はほとんど途絶えておりヴィアリス氏の注文に応えることができないくらいでした。そこで当時、刃物産業の中心であったオーベルニュ地方のティエール村にあるナイフビルダーのスキップ社によって、ワイン専用のナイフ「シャトーラギオール」が誕生しました。その後に1981年に絶滅の危機に瀕していたライヨール村のナイフ作りの伝統を見直そうと村出身のカフェのオ−ナーたち5人が「ライヨールナイフ協会」を設立、1985年にはフィリップ・スタルクをデザイナーに迎え村の倉庫跡地に「ライヨール社」が誕生しました。こうして出来上がったのが、ティエール産「シャトーラギオール」、ライヨール産「ライヨール」で、その後1995年に「ライヨール社」が本格的なソムリエナイフを発表するとその図式はさらにややこしくなってしまいました。既にソムリエナイフの分野では確固たる地位を築いていた「シャトーラギオール」は名だたるレストランやソムリエ達に愛用されていました。そこに、ナイフの分野ではフランスの歴代大統領も愛用するライヨールナイフ社のソムリエナイフが対抗するかたちとなってしまいました。現在、ライヨール村で作られるライヨール社協会のナイフは、ほんの数社となっています。
| 日記

レターオープナー Lerche contur

高級レターオープナーのご紹介。 

Lerche contur レルフェ
 ライブラリーセット(contur 94604)



●サイズW50×D55×H200mm/573g
●ハサミとレターオープナーのセット
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。